20前期のブラックのプリウスに乗っている感想

MENU

20前期のブラックのプリウスの燃費

私は一昨年に脱サラをして自営業になりました29歳の男です。

 

独立前から自家用車を仕事の営業車にしていたこともあり、燃費が良く、ハッチバックで荷物をたくさん積み込むことができるという利点でプリウスを選んで乗っています。

 

知り合いの車屋さんにオークションで中古車を探してもらい、平成16年式の型式ZA-NHW20のGツーリングセレクションのブラックのプリウスを5年前に購入してからずっと乗っています。

 

仕事をメインに乗っていましたが、燃費の良さからプライベートでも乗るようになりました。

 

街乗りではだいたい燃費は20~21km/Lは最低でもいきます。

 

ただ、仕事で高速道路を乗る機会が増加すると燃費は悪くなり、18~19km/Lぐらいまで下がります。

 

高速道路での運転が多いと、街乗りとは違い、ずっとエンジンがかかった状態での走行になるのでガソリンをずっと使っている状態になるので燃費が落ちてしまうのだと思います。

 

街乗りですと、モーターだけの走行がある分、自然とガソリンを使わないため、燃費が良くなるのでしょう。

スポンサーリンク

 

また、高速道路での走行は速度によっても燃費が変わってきます。

 

何度も高速道路を走り分かったことは、80~100キロ走行が1番燃費が良く、100キロを超えるとどんどん燃費は悪くなっていきます。

 

要するに、法定速度内で走り続けると燃費が良いということなので、プリウスに乗ると速度も出し過ぎないようになり、交通違反をすることもなく安全運転になります。

 

私は今までは1年に1度は速度違反で捕まっていたのですが、プリウスに替えてからは交通違反で捕まることがなくなりました。

 

プリウスはこういった点でもオススメできる車です。

 

他には故障が少ないという利点もあります。

 

私の20前期のプリウスは購入時、走行距離27万kmでした。

 

モーターは20万km時点で替えていたことがわかっていたため購入しました。

 

2年間で7万km乗りましたが一切故障もなく、燃費も落ちることがありませんでした。

 

現状は40万kmに近くなっおりますが、まったく問題がありません。

 

また、周りのブラックのプリウスと一緒なのが嫌になり、純正アルミを社外18インチアルミに交換しました。

 

確実に燃費が落ちると周りからも言われていたのですが、純正アルミの時とまったく変わりませんでした。

 

ただし、タイヤが擦り減ってきた時にタイヤの偏平率を薄くしたところ、燃費は落ちてしまったのでタイヤの偏平率には注意が必要です。

スポンサーリンク